ウソとかホントとか。

映画とか海外ドラマとか小説とか。

【ダイエット】3ヶ月で5キロ痩せる方法【68.4kg→62.8kg】

会社で行われた健康診断の結果によると、体重が自己最高を更新していたので、このままではまずいと思い、2019 年の10月1日から生まれて初めて本格的にダイエットを始めました。

結論から先に書くと、タイトルの通り3ヶ月で約5キロのダイエットに成功しました。

「3ヶ月で約5キロ」と書くと「もともとがかなりのデブだったのでは?」と思われるかもしれませんが、68.4kgからのスタートですので、かなりのデブ、というわけではないかと思います。

ダイエット期間中の体重の推移グラフは下記の通りです。

f:id:JENIK:20191230180805j:image

10月と11月は2キロペースで痩せていたのですが、 12月は忘年会などが多く、思ったほど痩せることができませんでした。

ちなみに目標のラインは大学生の頃の体重である、58kgに設定してありますが、そこまでいくとガリガリになってしまいそうなので、絶対に達成できない目標として設定しています。

僕がどのようにして痩せたかについて、簡単にできることから順に3つまとめましたので、これからダイエットをしようと考えている人の参考になればと思います。

完全オリジナルのダイエット法ですから、僕にしか合わない可能性もありますので、あくまで参考にする程度にして頂けたらと思います。

ダイエット中に書いていた日記は下記。 

www.jenik29.com

www.jenik29.com

 

ステップ1:毎日体重を測る

ステップ1は毎日体重を計測してその体重を記録することです。

とにかくこれが一番重要です。

これさえ習慣化されれば、ダイエットは成功したも同然といっても過言ではありません。マジで。

とりあえず、この記事を読んだ人は今日からこれだけは始めましょう。

毎日体重計に乗ることよりも簡単なダイエットは絶対に存在しませんから、これすらできないとなると、デブとして生きていくしかありません。諦めましょう。

 

意識の変化

毎日、体重計に乗って記録をつけると、自分の体重がどのように変化しているのがわかるのですが、これがわかっているだけで、日常生活の意識が大幅に変わります。

体重が少しでも落ちると「このまま頑張って落とそう」と思いますし、少しでも増えていると「今日はちょっとだけ食べる量を減らそうかな」とか考えるようになります。

記録を続けていく内に、自分はどれだけ食べると太って、どれだけ食べないでいると痩せるのかもわかってくるようになるので、太らないギリギリの量を見極めることができます。

これができると結果的に、食べたい物を食べながら痩せることができるようになります。

僕はダイエット期間中にLサイズのピザを1人で食べたりしていましたが、上記の通り、しっかりと体重を減らすことができました。

体重の記録は無料の体重管理アプリをインストールして、手入力で管理しても良いのですが、個人的にそれすらも面倒なので、体重計に乗ると結果が自動でスマホに記録される下記のスマート体重計を購入して利用していました。

初期設定が少しだけ難しいので、機会音痴の人にはオススメしませんが、一度設定してしまえば、後は体重計に乗るだけで、勝手に先程載せたようなグラフが勝手にスマホに作成されるので、より体重の管理が楽になります。

どうして僕が『Body+』を選んだのかについては下記の記事にまとめておりますので、興味のある方は合わせて確認して頂ければと思います。 

www.jenik29.com

 

体重を毎日測ることがとにかく大事。これだけは今日からスタート。

 

ステップ2:夕飯は炭水化物を食べない

よく聞く炭水化物制限というやつです。

夕飯だけですから、食べ過ぎなければ昼食は何を食べてもOKです。

筆者はダイエット期間中にも関わらず、昼食は牛丼やラーメンなどを食べていましたが、体重が増えることはありませんでした。

やはり夕飯に何を食べるかが一番重要なのだろうと思います。

ただし、仕事のない土日は昼食も淡水化物を抜いていました

その代わりに金曜日の夕食だけは炭水化物を食べてもOKにしていました。

 

夕食に食べていた物

夕飯に何を食べていたのかというと、スーパーのお惣菜コーナーでお惣菜を大量に買い占めたり、コンビニでサラダやサラダチキンを買ったりしていました。

1番食べていたのはローソンのブランパンシリーズです。

この「ブランパン」に「サラダ」と「しそ味のサラダチキン」を加えたローソン3点セットはよく食べていました。

本来であれば、炭水化物の1日の摂取量はこのぐらいまで、と決まっているかと思いますが、とりあえずはそんなのは無視します。

ブランパンやサラダであればいくら食べてもOKというルールから始めましょう。

ちなみに数あるブランパンシリーズの中でも筆者のオススメは下記の3つです。

 

1位:ブランのロールケーキ コーヒー&ミルク

2位:大麦のあらびきソーセージパン 

3位:ブランのドーナツ

 

飲み物はコーヒーか水を主に飲んでいましたが、甘い物が飲みたい時にはシュガーフリーのコカ・コーラやエナジードリンクを飲んでいました。 

 

金曜日以外は夕食に炭水化物を食べない。昼食は土日意外なら何を食べてもOK。

 

レベル3:週に2〜3回ジムに行く

体重管理、食事制限ときたら最後は運動です。

週に2〜3回となると、平日も通うことになるかと思うので、難しいと感じる人も多いかと思いますが、極端な話「通う」のが目的ですからジムにさえ行けば、最悪、運動はしなくてOKです。

回数制限のあるジムでは「せっかく来たんだから」と張り切って運動してしまう為、結果的にジムに行くのが嫌になってしまう(経験談)ので、回数制限のない、通い放題で、24時間やっている、いわゆるファストジムがオススメです。

とりあえずジムに行って最悪、運動せずに帰ってくる、ぐらいの感覚でいることがジム通いを続けるコツです。

 

テレビやYouTube、映画や海外ドラマはジムで観る

ほとんどの人が仕事から帰ってから、テレビやYouTubeなどを30分以上観ているのではないでしょうか。

その時間をランニングマシンの上で歩きながら行いましょう。

僕の場合はジムで海外ドラマを1話を観ながら歩いていました。

ドラマに集中しているとあっという間に感じます。

最近のジムはWi-Fiが飛んでいるかと思いますので通信量を気にする必要もありません。

最初の内はスマホで観ていたのですが、よりジムライフを充実させよう思い、Amazonの『Fire HD8』という安いタブレットを購入しました。映画を観ることだけが目的ならこタブレットで十分ですのでオススメです。

 

観たい映画や海外ドラマがないという人は、下記の記事を参考にして頂ければと思います。 

www.jenik29.com

www.jenik29.com

 

ジムで歩きながらできることはジムで歩きながらやる

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ステップ2やステップ3はとにかく習慣化することが大事なので、かなり軽めの内容になっています。

ステップ1が習慣化されてくると、自ら、記載した内容よりも厳しい内容を実行するようになってくると思います。

筆者も今では、ジムでは歩かずに走るようになりましたし、炭水化物を食べても良いことにしている金曜の夕食も、他の曜日と同様に淡水化物を抜くこともあります。

そうして自分にあった、無理せずに行える自分だけのダイエット方を見つけていくことが、リバウンドせずに痩せたままでいられる1番の近道なのだと思います。

 

追記:1月の結果

1月の結果を載せておきます。

上記にまとめた3つポイントは既に習慣化されているので、ダイエットは現在も続けています。

12月に引き続き更に1kgちょっと落とすことに成功しました。

2月以降も続ける予定ですがこの記事に結果は追記するかわかりません。

日記には書くと思うので気になる方は日記をチェックしてみてください。